スマホの画面保護フィルムはどれがおすすめ 高光沢低反射どっち?

会話のネタにシェアはいかがでしょうか

スポンサーリンク

097c927769a8d01182b31866015eb779_m

スマートフォンを使用していると画面への傷や指紋が気になりますよね。
ガラケーではそこまで気にしていなくても、スマホの場合どうしても画面を触らなくてはいけません。
そこで多くの人が画面保護フィルムを貼り付けると思います。

ですが、いろいろな種類の製品があります。
高光沢、低反射、グレア、ノングレア、覗き見防止、強化ガラス。
ざっと思いつくだけでもこれだけあります。

どの種類が自分にあっているのか種類ごとに解説します。

スポンサーリンク

高光沢(グレア)タイプ

51uc67L-JjL

高光沢タイプと呼ばれるものやグレアタイプは同じものです。
グレアとは英語です。意味は輝いてきれいや眩しい光などです。
呼び方が違うだけで、同じ性能のフィルムになっています。

このタイプのフィルムは本来の画質を損なわず、きれいな画面を保てます。
ですが指紋を防ぐのにはあまり効果がないです。
指紋や汚れが拭き取りやすくはなるので、画面を頻繁に拭かれる方にはオススメです。

また、生産するのが一番簡単なので比較的値段の安いものが多いのも特徴です。
ものがプラスチックのフィルムなので傷はつきます。
消耗品として考えると気楽に扱えます。

低反射(ノングレア)タイプ

51UBWwIJUKL

低反射タイプと呼ばれるものやノングレアタイプは同じものです。
上記のタイプと反対で、光の反射を抑えるのが特徴です。

光を反射させないので、映り込みを軽減し目への負担を減らします。
他にも表面がサラサラに加工されているので操作性の向上にも繋がります。
ゲームをする方におすすめです。
私もパズドラをプレイしているので、このタイプがお気に入りです。

デメリットとしては、光の反射を抑えるために表面に細かな凹凸加工がされています。
そのため、低反射タイプのフィルムをつけると画質が落ちます。
うっすら白味がかったような、画面になります。

また加工に一手間あるため、高光沢タイプと比べると値段が高くなります。
こちらも消耗品です。

強化ガラス

71oYletrr7L._SL1500_

このタイプは強化ガラスを使用した画面保護フィルムです。
もはやフィルムではないですね(笑)
強化ガラスを使っているだけあり、保護性能はピカイチです。

傷にはめっぽう強く、カッターなどでガリガリして傷つきません。
透明度も高いので画質もそのままきれいです。
また表面にフッ素加工などが施されているものが多く触り心地が良く、汚れが落ちやすくなっています。

最大の特徴は値段が高いことです。安くても2000円からです。
あんまり安物だと品質が良くなかったりします。
そして、普通のフィルムより厚くなるのでケースが付けられなくなる場合があります。
しっかり確認しましょう。

その他の種類

覗き見防止、ブルーライトカット、耐衝撃、絶対に気泡が入らないなどがあります。
この記事を参考にしつつ、店頭などでじっくり選ぶのがいいかもしれません。
また家電量販店の店員さんも相談に乗ってくれるでしょう。

良きスマフォライフを。

スポンサーリンク

会話のネタにシェアはいかがでしょうか

更新情報を配信しています^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です