落としたスマホを簡単に探せるアンドロイドデバイスマネージャーの使い方

会話のネタにシェアはいかがでしょうか

スポンサーリンク

5338efa9869b7ec7eeb6fc559d0f34d4_m

スマホを落としたり、置き忘れによって紛失を経験された方は多いのではないでしょうか。
今のスマホは個人情報だらけです。
もし悪意のある人間の手にわたってしまったらと考えると恐ろしいものです。

Google公式のAndroidを搭載した端末を簡単に探すことができるサービスがあります。
それが「Androidデバイスマネージャー」です。
絶対に使い方を知っていたほうが良いと思いますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まずはスマホで設定

先にスマホの方で設定しておく必要があります。

「設定」から位置情報を有効にします。

Screenshot_2015-02-16-10-30-58
さらにGPS、Wi-Fi、モバイルネットワーク全てを有効にします。
電池持ちが気になる方はGPSだけをオフにしてください。
ただし位置情報の精度は悪くなるので注意です。

Screenshot_2015-02-16-10-31-14

位置情報の設定に関しては、端末によって配置が違っていますので各自確認しながらお願いします。
ようは位置情報を有効にして、GPSとWi-Fiとモバイルネットワークから探せるようにすればOKです。

次に「Google設定」というアプリを起動します。その中のセキュリティの項目をタップ。Screenshot_2015-02-16-10-29-36
Androidデバイスマネージャーの項目が一番上にあります。

  • リモートで端末を探す
  • リモートでのロックとデータ消去を許可する

それぞれにチェックします。

Screenshot_2015-02-16-10-29-45

これでスマホ側の設定は終わりです。

PCからAndroidデバイスマネージャーへアクセス

パソコンからAndroidデバイスマネージャーのページヘアクセスします。
アクセスするとログイン画面が表示されますので、スマホで使用しているGoogleアカウントでログインします。

2015-02-16_133045

すると地図と共に端末の場所が住所付きで表示されます。
今回は身バレが嫌なので地図と住所は伏せさせていただきますね。
とにかくこんな感じに詳しく住所が書かれ、さらに地図も表示されます。

2015-02-16_133357

この画面からそれぞれ操作することが出来ます。
「着信音を鳴らす」を選択すれば下のような画面になり着信音を鳴らせます。

2015-02-16_133450

「ロック」を選択すれば以下の画面になります。
ここで端末をロックすることができるので、他人には開けなくなります。

2015-02-16_133528

奥の手・・・「消去」です。
文字通り、全てを無に還す最終奥義です。
これを実行すれば端末が買った時の状態に戻ります。電話帳から写真などあらゆるデータを消去します。
できることなら使いたくないものです。

2015-02-16_133554

まとめ

以上、Androidデバイスマネージャーの使い方になります。
端末を探すだけでなく、着信音を鳴らしたり防犯にも使えます。
Androidを開発したGoogle公式のサービスなので安心です。

できればこのサービスを使う状況にはなりたくありませんが、万が一があります。
スマホ側で設定しておかなければいけないので、ひと手間必要ですがやる価値があります。
ぜひとも万が一に備えて設定しておくことを強くオススメします。

スポンサーリンク

会話のネタにシェアはいかがでしょうか

更新情報を配信しています^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です