スマホやPCから出るブルーライトは悪影響?うつや肥満、睡眠障害の原因

会話のネタにシェアはいかがでしょうか

スポンサーリンク

0d590cf1ee08c83d64e1c0a6da2f81ed_m

どうも、やまうーです^^

最近よく耳にする「ブルーライト」ってご存知でしょうか。
ブルーライトは身体に悪影響だと言われています。
これは私たちがいつも使っているスマホなどから出ています。

他にもパソコンやテレビ等からも出ています。
現代社会でブルーライトを見る機会はとても多いです。
そこで、ブルーライトが身体に及ぼす悪影響とその対策をまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそもブルーライトってなに?

ブルーライトとは、人が目で見ることが可視光線の中で波長が最も短いもののことを言います。
具体的には380~495nm(ナノメートル)の波長です。
ブルーライトは強い光でもあるため、角膜や水晶体を抜けて網膜まで届きます。

なので身体に影響があるといわれています。

目の疲れや痛み

ブルーライトは目は波長が短いため散乱しやすい性質を持っています。これが眩しさやチラつきなどの原因になり、その分、脳はピント合わせに苦労します。また、ブルーライトは他の光よりもエネルギーが強いため、瞳孔を縮めようとして目の筋肉も酷使され、眼の疲れや肩・首の凝りなどに影響します。

以前までは瞬きの回数が少なくなるから、姿勢の悪さで肩こりになるなど言われてきました。
最近ではブルーライトの影響もあると言われているようですね。
元々ブルーライトが原因で肩こりになるのかもしれません。

ブルーライトを見ることで目が疲れ、そして肩こりになる。
ブルーライトの研究で肩こりの原因まで明らかになってきたのでしょう。

睡眠の質が悪くなる

夜も明るい環境や、夜遅くまでパソコンなどのLEDディスプレイでブルーライトを浴びる生活は、サーカディアンリズムを乱れさせ、自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼします。寝付きが悪い、眠りが浅いといった「睡眠の質を低下」も、そのひとつでしょう。しかし、サーカディアンリズムの乱れをリセットしたりするために重要なのも、ブルーライトです。

サーカディアンリズムとは簡単に言えば体内時計のことです。
ほとんどの動物は、朝日と共に活動を始め、日が沈めば眠りにつきます。
これらの生理的機能がブルーライトによって崩されてしますようです。

人間の場合であれば脳が「夜だけど明るいから寝る時間じゃない」と反応してしまうようです。
そのため、活動状態が続いてしまい寝付けなくなったり、浅い眠りになります。
そこから鬱につながることがあります。

肥満になりやすくなる

サーカディアンリズムが乱れると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きが低下し、糖尿病のリスクを高めることはよく知られています。また、朝、太陽の光を浴びて副交感神経が高まると血圧が上昇し、夜になると血圧が低下するといった、血圧のリズムにも乱れが生じます。

たとえば、マウスによる実験で、通常の光環境で過ごしたマウスと、夜間に光を浴びたマウスでは、同じカロリーの食事でも夜間に光を浴びたマウスのほうが太りやすいという研究報告もあります。

ブルーライト→睡眠に影響→体内時計が狂う→太りやすくなる

ということでしょうか。
夜は休む時間帯なので、ブルーライトを浴びることをやめてしっかり睡眠したほうが良いのでしょう。
現代では難しいでしょうが、意識した方が良いかもしれません。

まとめ

私個人の考えとしては、夜はパソコン・スマホを控えて休んだほうが良いと思います。
とは言え、現代社会では難しいでしょう。
対策として、ブルーライトカットするメガネや画面保護シートなどを使用するといいかもです。

実際にブルーライトカットメガネを使用して今も記事更新しています。

他にもスマホなら、無料アプリで簡単に対策することが出来ます。
以下の記事でおすすめのアプリを紹介していますので、ぜひ対策してみてください^^

身体に悪影響なブルーライトを簡単にカットできるAndroidアプリ3選
ブルーライトは身体に悪いと言われています。 ブルーライトカットのメガネをかけたり、保護シートを使うのもいいでしょう。 ですが、こ...

ブルーライトについては「ブルーライト研究会」というサイトで詳しく解説されています。
身体への影響について、論文を元にわかりやすく解説されています。
興味のある方はどうぞ。
ブルーライト研究会

スポンサーリンク

会話のネタにシェアはいかがでしょうか

更新情報を配信しています^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です