【治し方】スマホの使い過ぎで腱鞘炎に?親指が痛い!

会話のネタにシェアはいかがでしょうか

スポンサーリンク

9d64a017ea57fcc1127b66761bab7b97_m

どうも、やまうーです^^

もはや生活必需品になったと言っても過言ではないスマホ。
便利なのでついつい長時間使用してしまいます。
そのせいなのか腱鞘炎になってしまう人が多いと聞きます。

ネット上で調べると体験談がわんさか出てきます。
幸い私は腱鞘炎になることなくスマホライフをおくっています。

とは言え、スマホ大好きな私はいつ腱鞘炎になってもおかしくありません。
こうやって記事書いたりするのにも指は使いますしね。
そこで今回は腱鞘炎になってしまった際の自分でできる治し方を紹介します。

スポンサーリンク

腱鞘炎の原因

スマホによる指の酷使です。
ピアニストやスポーツ選手などの職業病と言われていました。
しかし、最近はスマホとパソコンが普及したことで普通になってきたのかもしれません。

この記事では特にスマホやパソコンの使用で起こる親指の腱鞘炎について説明します。

日常的にスマホやパソコンを使う人は要注意ですね。
何事もほどほどにということでしょう。
冗談抜きで私も気をつけねば^^;

小指が変形したりする例もあるそうですし。

スマホの持ち方で小指が変形するらしいけど何が悪いの?
どうも、やまうーです^^みなさんはスマホをどんな風に持っていますか? なにやら持ち方よっては指の形が変形してしまうようです...

腱鞘炎自分で治す方法

①痛みのある手首の部分を冷やす

ビニール袋に氷水を入れて15分×2回くらい
(アイスノンなどを使う場合は直接冷やすのではなく、タオルなどを一枚肌の間に挟む)

②首をゆっくり前後左右にストレッチする

手で少し圧をかけて抵抗を加えるとなお良い

③肘から手首までの間の筋肉で押すとコリコリしている部分や痛みのある部分を
痛い気持ちい位にもみほぐす
※詳しいことをお知りになりたい方は「トリガーポイント」でネット検索してみてください。
→専門的には「腕橈骨筋 回外筋 円回内筋 手根屈筋 手根伸筋」の筋肉群に影響が出ている可能性が高いです。

引用元:http://kajitaryo.com/archives/157

調べてみたんですけど、これは簡単で良いですね。
ところでトリガーポイントとはなんぞや?
それも調べてみました。

トリガーポイントとは、「痛みの引き金点」という意味で、疲労した筋肉の奥深くに出来る、硬く凝り固まった部分のことを言います。大きさは数ミリ~数センチと様々で、進行すると、その部分そのものが痛むだけでなく、別の場所に痛みを飛ばす性質がある事が知られています。トリガーポイントは決して珍しいものではなく、程度の差こそあれ、誰の体にも存在するものなのです。

引用元:http://aoi-chiro.com/shorei/triggerpoint.html

ようは痛みのあるしこりということでしょうか。
私も試しに腕のマッサージをしてみました。
痛みのあるしこりはありませんでしたが、気持ちいのいいところはありましたね。

そこを中心にもみほぐしたら、腕が楽になりましたよ。
腱鞘炎に関係なくマッサージは良いですね(笑)

腱鞘炎を治すストレッチ


重度の腱鞘炎でなければ自分で治すことが可能だそうです。
以下の動画を参考にされてみてください。
簡単なので普段から予防のためにやっておくのも良いですね。

私も暇な時はするようにしようかな。
みなさんも腱鞘炎に注意してくださいね。
それでは、良きスマホライフを^^

スポンサーリンク

会話のネタにシェアはいかがでしょうか

更新情報を配信しています^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です